40歳での転職は設備の経験を活かしてIT異業界へ

 

年齢/性別 40歳/男性
前職 電気通信工事業/技術職
転職後 通信業/技術職
前職年収 500万円以下
転職後年収 500万円以下

 

40歳で転職を決意したのは会社の事業縮小のため

前職では、以下の機器のネットワークと、関連機器の保守及び通信機器設置工事をメインで行っていました。

 

  • 防災用監視カメラ
  • 防犯用監視カメラ
  • 雨量・風速・気温等のテレメータ
  •  

    転職後はクラウド上の交換器を使用するIP電話、通信機器保守をしています。

     

    電気通信工事業の会社でネットワークや関連機器の保守を行っていたのですが、会社の方針転換により、保守を縮小して工事をメインにする方向へシフトする事となり、ITの分野での仕事が将来縮小となったため退職を決意しました。

     

    40歳での転職はdodaの紹介求人で内定

    転職活動ではdodaを活用しました。最初は求人検索のみかと思っていましたが、転職エージェントの詳細が説明してあり、一般の転職サイト上にはない案件の企業の情報をもらえるとのことでした。

     

    自分の希望した仕事とのマッチングした企業を探す時間を減らしたかったため利用を決意しました。

     

    実際に希望した仕事と条件の近い会社を多数紹介してもらえ、予定していた期間より早く転職することができました。

     

    40代を過ぎての転職では前職のあらゆる環境の改善を望んだ

    40代になった直後の転職活動でしたが、できれば前職からあらゆる面で改善したいという希望を持ちました。

     

    前職は残業も多く、急な呼び出し対応などで疲弊していたので、職場環境は改善したかったです。また年収のアップや、できれば通勤時間も短縮したいと思っていました。

     

    40歳での転職活動は退職後に実施

    転職活動自体は、前職を退職後に行いました。退職を伝える際には、事業縮小という会社の方針と自分の将来設計が異なることを伝えて、円満に退職しました。

     

    dodaを利用し始めてから約3ヶ月ほどで今の職場に転職が決まりました。面接までは行けるものの、なかなか採用に繋がらない期間がとくにつらかったです。

     

    また、転職先への希望で譲れない部分もあって、希望した年収に合う会社になかなか巡り会えなかった期間が続きました。

     

    応募した企業数 15
    書類選考に通過した企業数 10
    一次面接に通過した企業数 1
    内定した企業数 1

     

    40代の初めての転職は概ね希望通り

    IP電話という業界は初めてでしたが、各案件の担当者は嫌な顔を一度もせず、どのような質問にも答えてくれます。自分のスキルアップにつながる仕事なのでやりがいがあります。

     

    また、残業時間がほぼないため、職場環境はかなり改善されました。

     

    前職と比べて現場の作業方法に一貫性がないやめ、案件によってマニュアルが整備されていないので、こういった問題を解決していきたいです。

     

    40歳にして初めての転職活動は面接で大苦戦

    ストレス発散の方法は? 主に休日にストレス発散のために映画やドラマ鑑賞をします。
    報告書の作成経験はあるか? 工事や保守の状況報告のための『作業報告書』の作成経験は豊富です。
    他の社員と協力して作業ができるか? 前職でも設備保守などはグループで情報共有が重要でした。協調性はある方なので大丈夫です。

     

    書類選考は10社通過したのですが、一次面接を通過したのは1社のみで、その1社に内定をいただきました。

     

    中途採用面接の質問にはハキハキと答えることが重要だと思います。自分一人ではできない内容の業務については「できない」と回答せずに、まず自分で調査して、それでも判らなかった点については質問をしながら解決できるようにがんばりたいと答えました。