42歳の同業他社転職で大幅年収アップ

年齢/性別 42歳/男性
前職 保険会社 営業
転職後 保険会社 営業
前職年収 1,000万円
転職後年収 1,500万円

 

40代で保険系の同業他社に転職

前職では、生命保険会社で個人に対する生命保険、医療保険などの営業を行っていました。また、既契約者からの保険金請求のお手伝いなども主な仕事です。

 

転職先は基本的に前職と同じで生命保険の営業です。生命保険の契約を獲得するために見込み客の家計の見直しなどを行い、余ったお金を生命保険に充てて頂くというような仕事の流れになります。

 

40代を過ぎても新規開拓と既存フォロー対応で憔悴

所属していた生命保険会社の給料は完全歩合制です。自分が頑張った分だけ自分の給料に跳ね返ってくるのですが、一方で会社の営業に対するサポート体制が全く出来ていない会社でした。

 

他の保険会社では既契約者への対応などはコールセンターなどを設けており、そちらで対応をしてもらえるので、営業職員は新規契約獲得に専念できます。

 

けれど前職の会社はそういったサポートが全くないので、既契約者のメンテナンスに追われ新規開拓をする時間が捻出できません。そんな会社ではなかなか給料も上がらないので、私は営業サポート体制の良い会社に転職しようと決めました。

 

40代の転職ではマイナビエージェントで内定

転職活動はリクルートエージェントとマイナビエージェントを利用し、マイナビの紹介求人に転職しました。関東在住だったので、マイナビの担当者さんの事務所で対面面接を行い、同じ保険会社の他社求人を中心に紹介してもらいました。

 

営業が新規開拓に集中できるようにサポート体制が整っていることや、営業にかかる経費をどこまで会社が負担してくれるかなど、いかに営業として働きやすい環境かを求人企業の条件にしました。

 

また、完全歩合でも前職は給料がなかなか上がらなかったので、給与面もアップできる企業を望みました。

 

40代の転職でマイナビエージェントを選んだ理由

保険業界は転職する人間が多いのですが、私の周りでもマイナビエージェントを利用している人が多かったからです。どの人の話を聞いてもなかなか口コミは良かったので私はマイナビエージェントを利用しました。

 

マイナビの担当者の支援は転職活動でかなりの助けになった

マイナビの担当の人が保険業界に詳しい人で、私の転職理由について良く理解していただけたことがとても助かりました。

 

ご担当の人が問題点、課題を良く理解していただけたおかげで私が希望している営業体制が整っている会社をピックアップしその会社と交渉をしてくれました。

 

また、マイナビエージェントのご担当は応募する会社の人事ご担当に対し事前情報をしっかりとやりとりして頂いているので、実際の面接ではとても話しがスムーズでした。

 

基本的な連絡はメールでのやり取りになりましたが、忙しいのはわかりますが、ご担当の方のレスポンスが少し遅かったのは少しマイナスです。

 

42歳での転職活動は約1ヶ月で終了

比較的早い段階で求人が見つかった上に、採用試験もスムーズに進んだので約1ヶ月で転職活動は終わりました。

 

退職交渉は、今よりも条件の良い会社に転職すると伝え、円満に進みました。転職する社員は多いのでそれに対して特に大きな問題は起こりませんでした。

 

応募した企業数 6
書類選考に通過した企業数 4
一次面接に通過した企業数 3
内定した企業数 2

 

40代の転職は希望年収と働き方を得たが激務

営業サポート体制が全く違います。私が希望していたようなコールセンターが整っており既契約者からの大抵の依頼はコールセンターで解決していただけるので、新規契約獲得に専念出来ます。

 

また、年収がかなり増えました。以前は1,000万円程度でしたが、今では1,500万円ほどになります。

 

給料は確かに上がったのですが、とにかく忙しすぎます。ネームバリューのある会社なので新規見込み客獲得に困ることはありませんが、その分忙しくなり休みがかなり減りました。

 

42歳での中途採用面接はすり合わせがメインだった

一ヶ月、新規契約をどれ位獲得出来るか? 10件ー20件(保険料にして1億円)
地方勤務は可能か? 家族のこともあるので、都内勤務しか無理です。
営業職でなくマネージメント職に就くことは可能か? 給料や年棒など待遇によります。
知り合いの弁護士、税理士、会計士はどれくらいいるか? 5人くらい。
他で内定が出た会社はあるか? 1社内定が出ている。

面接での企業の説明に不明点もあり判断に苦労した

面接を受けた会社にて、営業に対するサポートの詳細を聞くと良い内容ばかり面接官から帰って来ます。けれどもネットで調べると実態は面接官が言うほど体制が整っていないことが分かります。

 

そのギャップをどう妥協するか、言ってみたら運命の分かれ目にシビアな判断をしなければいけなかったことが辛かったです。

 

友人や知り合いがその会社に数人おり、実際の営業サポート体制について本当の話を聞くことが出来、また私自身もそれなら大丈夫だろうと納得することが出来たので決めました。

 

40代での転職は自分の経験や実績をアピールして成功

保険業界にて私の営業実績の高さはそれなりに有名であったので、面接を受けた会社にとっても私という人材を希望していただけたことにあります。内定に至ったポイントはお互いに給与、組織の体制など条件が合うかということがポイントでしたが、それが合致したことによります。